2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

a_201607042156081f2.jpg

古書店・青空書房のさかもとけんいちさんが7月2日夜、急逝されました。
7月3日の朝、ヘルパーさんが来たときには既にお亡くなりになっていたそうです。
享年93歳。さかもとさんの生前のご希望どおり、自宅で本に囲まれての最期。
心筋梗塞であまり苦しまれずに逝かれたようだと、主治医の東田先生が
おっしゃっていたそうです。あっぱれな幕引きでした。
本日、ご親族とごく親しい人たちに見守られて永久の旅に出られました。
さかもとさんに戴いたたくさんの優しさ、うれしいご縁はこころの宝物です。
さかもとさん、本当にありがとうございました。


夏のはじまり

7a_201607021104132a5.png

7月です。
あざみエージェントオリジナルカレンダーは泉明日香さん。
 とっておくあなたに会った日のひかり   泉明日香
そのまんま、素直にこころに届く句ですね~ 
藤田めぐみさんの写真も素敵。大好きなあざみの、まだかたい蕾。
その背景にはひかりに照らされた湖あるいは川?
夏のはじまりには、今と未来と過去、すべてが同時に存在しているって
感じる瞬間があります。
それらが全て美しく輝いている祝福の瞬間を感じさせる句ですね。

160701_0942~01


7月は私の生まれ月。大好きな季節です。
7月のはじまりの朝食はバナナのパンケーキ・グリーンサラダ(ベランダの青シソ入り)、
赤シソジュース、野草茶のチャイ。
夏のはじまりに乾杯★


音の恐怖

a0782_000709.jpg


あまり映画は観ない。
大きな原因はひとつあるんだけど、最近、あるサイトの情報で別の原因に気づいた。
それはインフラサウンド。
インフラサウンドは人間の可聴音域の下限よりも低い周波数の音波。軍も利用しているらしい。
新しい技術ではないそうだが、最近特にインフラサウンドの強度は上がっているらしい。
インフラサウンドに晒されると恐怖、孤独感、欝(うつ)、不安、吐き気、圧迫感、幻覚などの
症状が現れるそうだ。
だからたぶん、本能的にそれを拒否してしまうんだと思う。

この技術を悪用してマインドコントロールしている闇の勢力がいると思うと
腹立たしい限りだ。




なぜお腹がすくんだろう?

私は昔から小食でした。
家族の食事を作らなくてはならないので、いつも三食
一緒に食べていました。そして、いつも胃腸の具合が
悪かったんです。食べたくないのに、家族が心配するからと、
無理矢理に食べ物を身体に押し込んでいたんですね。

数年前から、そんな負のスパイラルを断ち切るべく、
本当に身体が欲している時にだけ食べるように
していますが、以前と比べて断然、体調が良くなりました。
仕事に集中している時など、全く食べたいと思わないことも
しばしばです。
パートナーは私とは比べものにならないくらいの大食漢。
彼の辞書には小食の文字はない(笑)
なので、私の身体を気遣って「ちゃんと食べないと」といつも
声をかけてくれていましたが、最近ではそんな生活を
続けていても元気そうな私を見て、そういうタイプの人間も
いるのか、と理解を示してくれるようになりました。
食生活のプレッシャーがなくなって今はとてもありがたいです。

人はどういうときに空腹感や満腹感を得るのだろう?
海野いるか堂さんがブログで興味深い記事を書いてくれています。
http://ameblo.jp/oishiigohan2014/entry-12147000542.html?frm_src=favoritemail

身体に悪いからと、身体が欲してもいないのに無理に
食物を詰め込まなくていいと思うと気が楽になりますね~




ラピス、天国に

KC3Z0045.jpg

赤ちゃん亀のラピスが、昨日、天に召されました。
2ヶ月間の短い命でしたが、一生懸命に生きてくれました。
ラピス、ありがとう。またそっちで会おうね。


光の世紀へ

私は「あざみ通信」№16に、最終的な拠り所は自分自身、
自分の違和感を信じよう、というようなことを書きました。

私は小説家・村上春樹の書く世界にとても興味があった。
私はディズニーランドが嫌いだった。
私は肉食に罪悪感を持っていた。

なぜそうなのか、というその答えが最近やっとクリアになりました。
村上春樹は「知っていた」人なんでしょう、たぶん。
私は自分の感覚を、その正しさをこれからも絶対に信じてあげよう
と思います。


地球の大きな変化が迫っています。
すばらしい光に包まれた新しい地球へ
私たちは向かっています。
「その時」は間もなく訪れるようです。

****

地球解放プロジェクトのコードネーム「COBRA」(コブラ)
の情報を「海野いるか堂」さんがまとめてくださっています。

http://ameblo.jp/oishiigohan2014/entry-12170483039.html?frm_src=favoritemail

毎週・月曜日の朝4時(グリニッジ時間午前7時)に地球解放のための
世界同時瞑想が行なわれています。
私はなかなか起きられず参加できません(苦笑)
時間をずらすこともできるらしいので、自分の出来る時間にしています。
出来るだけ多くの人が瞑想に参加することによって「イベント」は
早まるそうです。

地球解放の情報のまとめ

http://cobramatome.blogspot.jp/2015/12/blog-post_43.html


夜明け前がいちばん暗いといわれますが、私たちは今
その夜明け前にいます。







93歳の挑戦

160530_1757~01


先日、閉店ギリギリに青空書房のさかもとけんいちさんに会いに行きました。
93歳のお誕生日のお祝いもすっかり遅くなっちゃいました。
今、小説に挑戦中だとか。
さかもとさんの若さの秘訣はこれですよ~♬ 


葡萄の木と子亀たち

2_2016052712012337e.jpg
1_201605271201240bf.jpg

葡萄の葉っぱが広がってきました。
実のほうは木を剪定したので今年は5房ほど。
すずしげです。

無題

今年生れた七匹の子亀のうちちっちゃい組の子たちも
ずいぶん、しっかりしてきました。


川柳フリマとワンコインチャリティー

160523_1027~01

川柳フリマから戻った本と売上を照合中。総売上は三万六千五百円。
チャリティーにはたくさんのご協力をいただき、ただただ感謝。
この日は本の販売以外に、「あざみのワンコイン手相鑑定」も行いまして、
ちょこっとその収益も入ってます(笑)
竹井紫乙句集『白百合亭日常』、野間幸恵句集『WATER WAX』は完売。
何ものをも恐れない美しき女性たちに乾杯!と心の中でガッツポーズ。

このような機会を作ってくださった小池正博さんにも心からお礼申し上げます。
お一人での企画運営はなかなか出来ることではありません。
イベントの末席に加えていただきエネルギーをたくさんいただきました。

『こと猫』をめぐる対談 竹井紫乙×柳本々々

a0007_001641_m_201605141103455de.jpg

BLOG俳句新空間での
「竹井紫乙×柳本々々の猫川柳ワンダーランド-『ことばの国の猫たち』とわたしたち-」
という対談を読みました。
「猫に対するスタンスは恋に似ているけれど、犬は愛かもしれない」に共感。おふたりに感謝です★

http://sengohaiku.blogspot.jp/2016/05/tanshi18.html



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。