2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足りないっ!

「あざみ通信」第4号、あらかたの発送は終えた。

先日来いただいた句集のお礼状を添えなければならない

いくつかを除いては。

でも、やっぱり足りないっ!この前、夜遅くまでかかって

たったの60部しか印刷できなかったから無理もない。

しかも折ったりホッチキスで止めたりと手作業の時間も

けっこうかかる。

そこでアイチさんに泣きついて休日の今日、足りない分の

印刷に行かせてもらうことになった。

これで川柳や俳句の雑誌をいただいた方々にもお届けできる

だけのストックが確保できそう。

****

おととし句集『なつかしい呪文』を発行した時、コレが最後の

句集と発言したことが、なぜか私は川柳を書かなくなったと

誤解されているみたいなので訂正しておかなくては。

発表はしていないので書いていないも同然なんですけれど、

細々とは書いています。でもたぶん発表はしないと思います。

次に句集を出すとすれば、そう…、たぶん自分の死期を自覚した

時かな。その前に命がなくなってしまったら黙ってお墓まで

持っていきましょう。それが自分らしい気がしますので。

いただいた雑誌を拝読しながら、あー、私が書きたいと思える

句がない!といつもこころで叫んでいます。

その句がいい悪いということではないし、凄いなぁって思える句も

いっぱいあります。感動をもらえることもたびたび。

でもね、それは「私が書きたい川柳」ではないんです。

ひとの句を読み込むことは、究極、自分がどんな句を書きたいのか

あるいは書きたくないのかを突きつめてゆくことだと感じます。

この前、ある方へ手紙で「私自身の創作への扉が見える場所に

立ち続けていたいと思います」と書きました。

扉を開けると、そこには私だけの秩序をもったことばで構築された

世界がある、それを信じられるうちはまだ川柳とつながっていると

思えますし、その気になれば扉を開けてすんなり入っていける用意

だけはしておきたいですね。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://garasuwohakobu.blog77.fc2.com/tb.php/696-76b71643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奈良記念 «  | BLOG TOP |  » あざみ通信第4号

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。