2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おから

おから

鯛アラの煮汁、それから鯖の梅干煮の煮汁、鰯の煮付けの煮汁などなどを

集め、残った魚の身をほぐし、野菜庫の残り野菜を刻んで、同居人がおから

を大量に作った。

毎回、具材とか利用する煮汁が変わるので二度と同じ味のものが出来ない。

しかも、時々、ほぐした魚の骨が混ざっていたりするので、家族からは

不評である。でも本人は一向に気にする風もなく

「うー、うまいっ!僕って天才!」とかおっしゃっている。

せっかく喜んでいるので「そうやねぇ」と調子を合わせつつ、私はひそかに

いつか絶対、私の私のための私による理想のおからを作らねばと

かたい決心をするのであった。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://garasuwohakobu.blog77.fc2.com/tb.php/672-ab96e124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

病院のクリスマス «  | BLOG TOP |  » 土曜日の午前中の思い

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。