2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

160221_1157~01

敬愛する俳人・永末恵子さんがお亡くなりになった。
永末さんの句集は今も私のバイブル。
永末さんの句集は、私にとって句を読むというより、
句の奥に広がるのびやかな時空間に遊ばせていただくための
かけがえのない入口だったし、句が書けなくなった時に「やる気」を
刺激してくれる強力なエンジンだった。
非常に残念である。悲しい。
彼女が残してくださった四冊の句集『発色』『留守』『借景』『ゆらのとを』は
これからも私の宝物である。
下記、句集『ゆらのとを』(ふらんす堂)のあとがきより引用。

「白山が見え玉乗りを忘れめや」(橋閒石)という句があるが、
俳句はまさに玉乗りに他ならない。止まらないこと、
つねにバランスをとりながら足を動かし続けること。
それが私をこの先どこに連れていってくれるのか、
そんなことは考えても仕方がない。
瞬間瞬間の足を踏み変えつつ、
私自身の身体を行き来する言葉を感じているだけなのだ。


  松風のままゆっくりと箱に入る

  大鯰描くに力の抜きどころ

  青鷺の奥へ奥へとねむる人

  山青し一見青し服を着る

  夕焼けてくる渾身のごはん粒

                       (『ゆらのとを』自選句より抜粋)
              

永末恵子さん、ありがとうございました。



スポンサーサイト

嫌われたっていいや «  | BLOG TOP |  » 今日は猫の日

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。