2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月

9月b


9月です。
あざみエージェントオリジナルカレンダー9月はなかはられいこさん。

  長袖を手首出てくるまでが夢  なかはられいこ

なかはられいこさん、前回カレンダー登場の時もたしか9月。
「泣くもんか第三埠頭倉庫前」私の好きな句でした。
あの時の少女はやがて大人になって、自分を表現する手段を見つけた模様。
(と勝手にストーリーを作る(笑))
秋という季節は長い途中感覚の中にある。それは人生ともどこか似ている。
ことばを紡ぎだすことの途中感覚ともシンクロしていて、長袖に腕を通しているときのように
ことばはその中でゆっくりと生まれ、出会い、形づくられてゆく。
手首は出てくるのか、出てこないのか。それはどちらでもよい。
なにしろその夢の途中が最高に楽しいんだから。
と、しょっぱなから、この句の世界に引き込まれてしまう。


スポンサーサイト

増田耕三詩集 「競輪論」 «  | BLOG TOP |  » 徳永政二さんのファックスのち、「あざみ通信」校正

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。