2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山へ

141122_2050~01

今日は実家の父母に会いに紀の川市にいます。
電車に乗る前後に読みかけの本を2冊読了。
一冊は恩田陸の「三月は深き紅の淵を」、もう一冊は江國香織の「神様のボート」。
前者は一冊の幻の本をめぐる4つの物語。恩田陸といえば「六番目の小夜子」。
ちょっと前に読んだのは「ライオンハート」。
時空を超えて展開される不思議なストーリーに夢中にさせられました。
「三月―」は時間を置いてもう一度読みたい。
後者は再読。青空書房で見つけました。江國香織の本の中で好きな一冊。
一人の男性を思い待ち続ける母娘の物語。純愛は狂気を凌駕する。
せつないこのラブストーリーになぜか惹かれます。

  
北を指しゼラチン質の恋すすむ  倉本朝世 句集「硝子を運ぶ」所収


スポンサーサイト

土鍋でごはん «  | BLOG TOP |  » 平田榮三郎さんの「美しい小箱展」

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。