2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

パートナーの友人であった詩人・水口洋治さんが急逝されたとの

ご連絡をいただき、あいにくパートナーがしばらく家を空けていた

ので私が彼に代わって通夜に参列させていただきました。

悲しみの中にも、しずかで温かい雰囲気の通夜式で、最後のご挨拶の時、

ご長男が水口さんの「ボート」という詩を朗読されました。

とてもとても気持ちのこもった素晴らしい朗読でした。

ちょうど私も長女を失くしたばかりでその詩のことばが心に沁みました。

水口洋治さんの詩をここにご紹介し、こころよりご冥福をお祈りいたします。


 「ボート」 

 一人で
 ボートに乗った
 さして 広くない川幅
 ゆったりとした流れ
 はるか対岸の
 一番高い木立ちを目指して
 私はこぎ始めた


 背後には美しい公園があった
 人々が遊び
 小鳥や昆虫が飛ぶ花園があった


 私は移住する
 対岸の町へ
 そこには私の知らない人たちが住み 談笑し
 私はそこへ解けこめるのだろうか


 私はオールをこぐ
 力をこめてこぐ
 時間はたっぷりある
 日はまだ高い
スポンサーサイト

自転車の修理を待つ間 «  | BLOG TOP |  » なにもない九月

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。