2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても好きで

新子の川柳ライブ塾扉

3月9日に開催された時実新子7回忌川柳大会で参加者全員に

サプライズのお土産として手渡された『新子の川柳ライブ塾』。

大会のパンフレットに注文先を明記していただいていたんですが、

どうも後になって「あの本、欲しいんだけどどこで買えるの?」と

問い合わせが安藤まどかさんに来ているとのことです。

困っている方がいらっしゃったら、

あざみエージェントのホームページから買えるよ! 

とお伝えください。ネット環境はちょっと…の方には 冨上の携帯・090-3726‐5853 もあるよと

教えてあげてくださいね、よろしく♪

ところでこの画像は何だ?ということですが。

これは『新子の川柳ライブ塾』の扉。ひやまちさとさんの描いてくださった挿絵の中で

「これしかないっ!」と選んだ私もお気に入りの絵です。

筆まめだった新子さんらしいでしょ?しかも、実物はちょっと小さめでわかりにくいかも

しれませんが、このペンで書いている文字「どうしても好きで」。

そう、元川柳大学会員さんだけじゃなく、新子ファンなら誰でも知っている、

新子さんの有名な川柳ですよね~♪

「どうしても好きで涙が膝に落ち   新子」

先日、神戸文学館で、久しぶりにこの句の前に立って、感慨深かったです。

イラストレーターのひやまちさとさん、実は中学生の頃、川柳を勉強していたんです。

だから彼女もこの絵を描くにあたって新子さんの句を使おうって思ってくれたんですね。

そんなわけでこの本にはそんな楽しい仕掛けもあります。

スポンサーサイト

ほとほと疲れて «  | BLOG TOP |  » 神戸文学館

プロフィール

ギア

Author:ギア
あざみエージェント
http://azamiagent.com/
山内令南作品集『夢の誕生日』

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。